江戸時代・幕藩体制と大名統制 中学定期テスト無料対策勉強会の動画



ーーーーーーー こんにちは。 塾長です。

江戸・徳川幕府はおそらく歴史を学び過去の織田、豊臣政権、鎌倉・室町幕府の「しくじり」を研究しています。


どうすれば政権を安定できるかを考え現実に即した「制度」を作ったのが江戸幕府といええるでしょう。

戦国期の武士は自分が持っている「能力を最大限発揮」することで勝利をつかむことができます。 それに対して江戸時代の大名、武士は「我慢と忍耐」という能力発揮の制限という真逆の資質が必要になります。

平和時の武士は戦う機会もなくなり、年中行事や儀式に見栄でお金を使う「貴族化」が進みます。「見栄が能力を最大限発揮する場」だったのでしょう。

年に3回「お米券」でお給料をもらう武士はこれを「お金」替えてくれる商人に見栄のために借金をするようになります。 江戸時代は武士の支配する時代ですが、裕福なのは商人という身分と貧富が一致しない社会に変化していきます。

----

解説中「逸話」と表記してあるものは真偽不明な説です。 でも 歴史の面白さはその「逸話」を知り本当かどうか考えることにもあると思います。 また人々がその人物にどのようなイメージを投影していたかを知ることができると思います。


城南コベッツ永山教室は多摩市永山の個別指導塾です。


小学生から高校生まで生徒さんを募集しています。

お問い合わせ受付 16:00から21:30 土日祝お休み TEL:0120-905-029 多摩市永山の個別指導学習塾 城南コベッツ永山教室 この動画は定期テストに向けての勉強会イベントです。 普段の個別指導授業の様子はこちらでご覧になれます。 https://youtu.be/PPrxC6FJmLI

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

16:00から17:00まで中学生対象 日清・日露戦争解説勉強会を行います。 中学3年生の単元ですが無料のイベントとなりますので興味がありましたら 3年生以外の生徒さん、ご兄弟、またコベッツに通っていない生徒さんの参加も歓迎します。 自習は17:00から20:00までとなります。 参加を希望される場合はお問合せフォームからご連絡ください。 よろしくお願いいたします。